本部校のシステム
該当作品無し
コバチ・デ・コバチーニ( 撮影者 / バサラ )
3人の表情が良く切り取られていて自然で良い雰囲気を醸し出している。
構図としても上質で良く撮れている。
伊藤楓恋( 撮影者 / 坂田道夫 )
表情に気負いが無く自然だ。構成もグッド。何よりもモデルの性格をキチンと把握している。
川上桃子( 撮影者 / ライト )
表情がいい。ハニカミ屋さんの桃子が良く出ている。構図も良い。
滝谷美夢( 撮影者 / ライト )
幼く見えるけれど構成が良いし何よりも自然なんだよね。
--( 撮影者 / ライト )
良く撮影したな。今度行ってみるかな…
コバチ・デ・コバチーニ( 撮影者 / 坂田道夫 )
楽しそうだね。君たち。仲もいいんだろうな。どんな大人になるんだろうか?
全体的にアーティスティクな作品が見当たらない。人物をただ枠に入れてシャッターを押しているとしたら、
いつまでもダイヤモンド大賞は出て来ない。
照明や背景、属に言うヌケをどう利用するのか?余白をどう演出するのか?
勿論、被写体が自然であることが絶対条件である。次回を期待したい。
審査委員長工藤統太郎プロフィール
父親が新聞記者、母親がグラフィックデザイナーという家庭に育ったので子供の頃から家には暗室がありカメラが転がっていた。中学生で写真クラブの部長、後に広告代理店へ就職しテレビ番組のスタジオ収録をペンタックスのブロニー版で撮影する業務を3年間続ける。時々、マクロレンズを使った虫や花などの接写を楽しんでいる。