本部校のシステム

スタジオ生撮影会「菖蒲園へGO!!」
上村 里緒菜 ( 撮影者 / Dec.)
背景とモデルのバランスがとても素晴らしい。ポージングも斬新でセンスを感じますね。空の青と草花の色調がキレイで芸術性の高い作品です。
堀 詩音 ( 撮影者 / 田中 隆幸 )
ここまで笑われるとテレるな。っていうか黄色の菖蒲と詩音の服がマッチしてるし何よりも大輪の花に負けない元気というかエネルギーが良いです。
佐藤 菜那未 ( 撮影者 / st.Michel )
朝靄の牧場を吹く風にスカートの裾がめくれるわああ〜朝丘めぐみ「アルプスの少女」の歌詞にでてくるような一コマ。背景とのバランスと全体の構成力がとても質の高い作品を生み出しています。
峰下 まりん ( 撮影者 / ライト )
表情がとても自然でいい感じです。惜しいのはラベンダーの紫がもっと鮮明であればとてつもなく奇麗な作品になっていたでしょう。
佐藤 光 ( 撮影者 / 新一 )
素晴らしいの一言。構図、モデルの表情どれをとっても素敵です。センスの高さを感じますね。
小澤 奈々子 ( 撮影者 / Dec. )
吸い込まれるような目の力に思わずクラっとしそうです。背景と手前の花の使い方も見事で強い印象を与えてくれますね。
佐藤 光 ( 撮影者 / ライト )
これは何といっても光の表情でしょ。とてもナチュラルで安心感があります。 雰囲気がよくて素直に引き込まれますね。
上村 里緒菜 ( 撮影者 / 新一 )
ホーズが可憐でとても魅力的です。構成力もあってとても自然な感じがいいですよ。
堀 詩音 ( 撮影者 / 新一 )
構図がとても素晴らしい。木漏れ日のヌケも魅力溢れますね。詩音も少し大人っぽくていいです。
岸本 悠花 ( 撮影者 / st.Michel )
確かに、確かに素晴らしい作品ですよ。構図もヌケの光線もモデルの表情もね。でも、何だかあまりにもモデルの写りが良過ぎて少しばかり腹がたつのは私だけでしょうか。
小川 佳乙、峰下 まりん、橋畑 仁菜 ( 撮影者 / アイカメ )
個性的でみんな可愛いな。誰一人として気負ってなくて自然な感じがいいです。
田中 依吹 ( 撮影者 / ライト )
こういう動物いるよね。どうやったらこんな写真が撮れるのか不思議だ。よほどカメラマンと仲が良いのか、はたまたバカにしているのか、2人の関係が微妙に興味をひきます。
いつも天候に恵まれることが多い菖蒲園ですが、微妙に満開の時期がズレていて今回も菖蒲は終わり頃であった。でも、ラベンダーなどの素敵な花々に囲まれて結果として良い作品が多数集まりました。 ただやはり光の加減が難しいのがこの時期の特徴。背景の花が光で飛んだり全体にボケてしまっていたりと残念な作品もありました。 レフ板を上手に使うのは勿論ですが、木陰などを利用するのも手だと思います。
審査委員長工藤 統太郎

中学時代はカメラクラブの部長。大学中退後、広告代理店にて商業写真の撮影と現像の仕事に携わる。その後広告制作会社にてマクロレンズによる接写という特殊な業務を経験した後に独立。アクターズスタジオを全国に展開する。 映画「ガメラ2」「満月」「いつかギラギラする日」ドラマ「逢いたい時にあなたはいない」「北の国から」等の製作キャスティング等に携わる。 自らも演出、プロデューサーとしてTV「バラライカGO!GO!」「アイドル発掘金のタマゴ」等を手掛ける。