本部校のシステム

スタジオ生撮影会「海へGO!!」
佐藤 菜那未 ( 撮影者 / 田中 隆幸 )
これはまさに海、構成力があって雰囲気が上質だ。全体的に仕上がりが芸術的でダイヤモンド大賞にふさわしい。
峰下 まりん ( 撮影者 / ししょ )
レベル高い作品だと思う。夏の終わりの砂浜、まっ実際は初めなんだけれど。そんなナイーブな空気が感じられる。まりんの表情もいいです。
堀 詩音 ( 撮影者 / たけたけ )
青いトタンを上手につかった良い作品です。構図としても魅力的だが何より詩音の自然なポージングが作品の質を高めている。
佐藤 光 ( 撮影者 / 新一 )
大人っぽい素敵な表情です。このまま是非、順調に真っ直ぐ育ってもらいたいと心から願わずにいられない気持ちにさせられる作品。
小澤 奈々子 ( 撮影者 / アイカメ )
キリっとして素敵。背景バランスも良いし奈々子の仕草もナチュラルでGOOD!
堀 詩音 ( 撮影者 / st.Michel )
良く見ると詩音の指してる向こうにカモメが飛んでいる。これ奇跡の1枚なのか?そんなにカモメって沢山飛んでないよね。 構成力が高くて素敵です。
峰下 まりん ( 撮影者 / ししょ )
第三みよし丸の墨文字が映画ポスターのタイトルみたいで面白い構図です。まりんの目線がカメラから外れているのもイメージが膨らんで良い感じ。
田中 依吹 ( 撮影者 / 新一 )
これは屈託が無くって超カワイイです。これは若い時代にしか出来ないボーズですね。なんかとてもとても良い子に見えるのは何故でしょうか。
橋場 音子 ( 撮影者 / まさ )
いい表情です。帽子があるとなんか大人っぽいですね。表情もとてもナチュラルで好感がモテます。
大橋 佳恋 ( 撮影者 / Dec・ )
潮風の臨場感がいい感じで伝わってきます。表情もとても自然でいいですよ。
峰下 まりん ( 撮影者 / ししょ )
夏の終わりに海岸に吹く風のことをインディアンサマーとアメリカ西海岸では呼ぶらしい。過ぎ行く夏と迫る秋…人の心に哀愁を漂わせるまさにそんな雰囲気な良作。
小川 佳乙 ( 撮影者 / 新一 )
毎年活躍してくれるシャチですが、これって同じものなのでしょうか?本当はシャチオンリーの写真もあるのですが佳乙があまりにも素敵な笑顔なのでこれが入賞しました。
海の撮影会は、なんかいつも楽しい。モデルたちも生き生きとしている。背景が工夫出来るのとやはり自然相手の構図はカメラマンの力量が試されるのだと思う。新人カメラマンたちが賞に絡むようになってきて更に熾烈を増したコンテスト。今後の展開が楽しみなのです。
審査委員長工藤 統太郎

中学時代はカメラクラブの部長。大学中退後、広告代理店にて商業写真の撮影と現像の仕事に携わる。その後広告制作会社にてマクロレンズによる接写という特殊な業務を経験した後に独立。アクターズスタジオを全国に展開する。 映画「ガメラ2」「満月」「いつかギラギラする日」ドラマ「逢いたい時にあなたはいない」「北の国から」等の製作キャスティング等に携わる。 自らも演出、プロデューサーとしてTV「バラライカGO!GO!」「アイドル発掘金のタマゴ」等を手掛ける。