本部校のシステム

スタジオ生撮影会「桜の樹の下へGO!!」
佐藤 菜那未 ( 撮影者 / アイカメ )
背景の桜の淡い色合いと唇が素敵にマッチしている。奈那未の表情も自然で良いのだがナンと言ってもテーマに沿った代表的な作品に仕上がっているところがGOODです。
岸本 悠花 ( 撮影者 / まさ )
奇跡っておこるんですね。本当に悠花は写真映りがいい。そしてこの1点に関していえばパーフェクトである。表情がいい、目力もある、そしてお顔も小さい。これは美人だ。これでいけばミス日本も射程範囲だろう。 それにしても、奇跡ってあるんですね。
児玉 迫香 ( 撮影者 / St.Michel )
品がある。構成力も素晴らしい。そして何よりも迫香の表情がいい。 桜の色と上着の配色感も上質な作品を生み出す大きな要素になっていますね。
小川 佳乙 ( 撮影者 / じゅん )
とても自然で力みが感じられない。モデルとカメラマンの距離も適度に適正で見ていて心地よい。そして何よりも佳乙の笑顔が良い。
峰下 まりん ( 撮影者 / 新一 )
構成力が良い。これはイマジネーションがないと撮れないよね。まりんも良い顔しているし、背景と服のバランスも最高だと思う。
佐藤 菜那未 ( 撮影者 / 新一 )
これは相当にいいんでないかい。これを暑中見舞いの葉書にしたらいいんだと思う。っていうか新一はなかなかセンスあるよ。まっ、今回は大賞逃したけどね。
小川 佳乙 ( 撮影者 / St.Michel )
屈託の無い表情とバランスの良い構図。そして全体に感じることのできる暖かみが最大のポイントです。印象度が高いですね。
葉石 美羽 ( 撮影者 / St.Michel )
こういうイメージ重視の作品好きですね。もう少し花との距離やピンの合わせがそれぞれに…特に花の側にあると素晴らしいのではないかと思いますが、それは相当に難しい技術が必要ですよね。
児玉 迫香 ( 撮影者 / St.Michel )
撮影会のタイトル通りでいいですね。表情もとても素敵です。
奈梨賀 ( 撮影者 / 木村 正則 )
天文台をこのように使った作品はいままでなかったなあ。とても面白いよね。表情もいいですよ。
田中 依吹 ( 撮影者 / じゅん )
屈託の無い表情に後ろのイエローがとてもいいです。それにしても自然だなあ。
田中 依吹 ( 撮影者 / 佐藤 正樹 )
もっと上位にランクされていてもオカシクないとても良い作品。でも今回は本当にレベル高かったから許してね。
桜の撮影会はいつも花の散り際になってしまい難しい。開花予想を横目で見ながら開催日を決めるのだが、予定通りに満開というワケにはいかない。でも、何とか工夫しながら良い作品が出来上がってきて本当に嬉しい。そして公認カメラマンの数もどんどん増えてきて新たな才能と出逢える幸せもある。 今年1年のスタートとなる撮影会でしたが楽しませてもらいました。
審査委員長工藤 統太郎

中学時代はカメラクラブの部長。大学中退後、広告代理店にて商業写真の撮影と現像の仕事に携わる。その後広告制作会社にてマクロレンズによる接写という特殊な業務を経験した後に独立。アクターズスタジオを全国に展開する。 映画「ガメラ2」「満月」「いつかギラギラする日」ドラマ「逢いたい時にあなたはいない」「北の国から」等の製作キャスティング等に携わる。 自らも演出、プロデューサーとしてTV「バラライカGO!GO!」「アイドル発掘金のタマゴ」等を手掛ける。